信州在住モンモンのゆるいファミリー日記

エヴァ好き父さんが、合唱、剣道、スキー、キャンプ、旅行、それに農作業や地域の行事、信州に住む我が家族の、楽しい思い出を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「サクラサク」

みなさん、お久しぶりです!

モンモンです!

剣道初段審査、合格しました!!




「ホッとした」というよりは、「出し切った!!」という気持ちです。

この間、励まして下さったみなさん、ありがとうございました!

稽古をつけて下さった先生方、ありがとうございました!

応援してくれた家族のみんな、ありがとう!

みなさんのおかげで、無事、初段を手にすることができました!!




思ったよりお金を使ってしまったので、家に帰って自分で蕎麦を茹でて、イカ天を肴に、

ビールでひとり、祝杯をあげました。(昼食兼ねて。)

(嫁さんと子供たちはお出かけ中でした)




簡単に今日の審査を振り返ってみます。




朝、4時半くらいに眼が醒めました。

審査会場は長野市豊野の体育館。受け付けは朝8:30~ですが、

簡単に朝飯を済ませ、トイレを済ませて、6時過ぎ、防具一式と竹刀、木刀、道着を持って、

マイカー、ステップワゴンで出発。

車中で聴いていた三四六に励まされながら、7時前に体育館駐車場に到着。




8時前に体育館の更衣室で道着に着替え、受付が始まるのを待ちます。

会場はすでに、初段を受けにきた中学生たち、その親御さんたちでごった返しています。

やがて8;30、受付。




受付しているときに、係の人が黒い粘着テープで袴や道着の個人名、団体名を目隠ししてまわります。

(自分でもガムテープを用意して行きましたが。)




その後は開会式9:15まで、垂れ、胴を着けて、着装を入念にチェックして待ちます。

そして9:15、開会式。

全部で、そうだな~、150人くらい居たかな?

整列して座り、審査員長から説明を受けます。




第1~第4コートに分かれて整列。

垂れネームのところに、この日の自分の受審番号を書いた紙を張り付けます。

ちなみに私は本日最高齢(笑)、153番です。




審査は、

1、切り替えし(1往復してお相手と交代)

2、稽古1分×2回(お相手を代える)

3、日本剣道形 太刀1.2.5本目

4、学科(あなたにとって「剣道をする目的は何か」書きなさい)

   200~300字以内




以上の進行スケジュールに沿って進みます。




1、切り替えし(1往復)、あやうく2往復するところでしたが、かろうじて誤魔化しました。

切り返し自体は、声も大きく出せたし、摺り足送り足、竹刀の振りと軌道、どれもまあまあ出来たかな?




2、稽古。 私は第4コート最後の方だったので、先にやった人たちのを全部見れたので、

心なしか余裕を持って臨めました。

私たちの組は5人で、A~Eでそれぞれ割り振られ、私はEです。

その他の組はほぼ、A~Dの4人組でした。



物凄い大きな気合の声で相手を圧倒し?

間合いの攻めを十分に攻めて、機会を捉えて思いっきり打ち込めました。(自己評価です。笑)

自分じゃ良い攻め、良い打ちが出来て、1本も何度か取れたと思います。(自己評価です。)

お相手はお二人とも30代後半くらいの方でした。

面を着ける前に拝見したお顔はどなたも精悍で強そうでした。

「気合だけは負けるもんか!!」で臨み、結果は「自分の持てる力を出せた!」

と思います。




3、剣道形は、両側にズラッと、右側打太刀、左側仕太刀と並び、「〇本目始め!」の号令で始めます。

私は4順目、お相手は可愛い女子中学生。

私が打太刀、お相手が仕太刀。

5本目の最後で、小さく3歩下がるところでトチりました(ド忘れした)が、幸いにもお相手が前に出てきてくれた

ので、何となく押される格好で立会いの位置まで戻れました。これで誤魔化せたかな?(笑)



その他は、ちゃんと形も出来てたと思うし、摺り足と後ろ足のひきつけも出来てたと思うし、

まあまあだったんじゃないかと。




4、最後の学科は、会場は同じで、床に直に座ってやります。

事前に問題が分かっていたし、常日頃考えてるような課題だったので、じっくり味わって、

原稿用紙に書きました。

300字ちょうどに仕上げました。(国語得意。笑)

時間が余るので、じっくり読み返して、誤字脱字がないか、表現、文章のおかしいところはないかチェック。

制限時間30分でしたが、10分前くらいで、答案を試験官に提出して、会場を退出しました。




すべて終わって大体11時くらいだったかな?

合格発表は12時半くらいでした。

お金が足りないのが分かったので(合格すれば、ですけど)、その間にセブンに歩いていって、ATMしてきまし

た。




結果は、合格者番号を記した掲示の一番最後に、ありました、私の番号・153が!

ふうぅ~~。

「終わった・・・何もかも・・・」

...おなかがいたいよぅ~~

(袴の締めすぎ?)




しかし、初段審査でも結構お金がかかるんですね!

大きな声じゃ言えませんが、諭吉さん2人プラスαが居なくなってしまいました。

まあ、私の場合、一葉さん1人と漱石さんが16人でしたが。(おつり数百円あり)





午後から2~3段審査があり、知ってる子たちも大勢受審するのですが、私は「出し切ってしまった」

ので、帰ることにしました。

嫁さんに合格の報告をすると、大変喜んでくれました♪



財布の中がとめどなく軽くなってしまったので、帰りにどこかで昼食をとるのはヤメにして、

また三四六を聴きながらのんびり帰りました。




それではまた、次の日記のUPまでごきげんよう!!みなさま。





↓クリックしていただけると、来年の二段審査も頑張れます!!
 ブログランキング 面白家族





スポンサーサイト
剣道 | コメント:16 | トラックバック:1 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。